itaku質問ポスト

探している技術や疑問、お問合せするほどでもないのだけど「ちょっと聞きたい」ことにもお答えします。 (質問内容は委託ナビに送信されます)

必須 返答先メール

必須項目です。入力してください。

文字数が超えています。文字数を規定文字数に収めてください。

メールアドレスの形式として正しくありません。正しいメールアドレスを入力してください。

必須 質問内容 (0)/1000文字以内

必須項目です。入力してください。

文字数が超えています。文字数を規定文字数に収めてください。

検索結果

お困りですか?

探している技術や疑問ちょっと聞きたいことなら

委託ナビの使い方

委託先を自分で探す
  • Step 1 探している技術を検索
  • Step 2 技術ページ選択
  • Step 3 相談・見積もり
委託ナビに委託先を
探してもらう

要件が複雑なので相談しながら最適な委託先を見つけたい。
時間や知見が無いので専門家に丸投げしたい。

委託先マッチング 無料

検索結果

検索結果 3 件

    • FE解析
    • 機構解析モデル
    • 慣性特性
    • 自動車

    加振実験による慣性特性同定

    機械構造物の運動をシミュレーションする場合、対象構造物の慣性特性が必要となりますが、慣性特性を計測するのは思いのほか大変な作業となります。大掛かりな専用計測設備が必要であったり、2点吊りや3点吊り法といった簡易的な測定であっても様々な角度で対象物を吊ったり設置する必要があり、重量物であれば危険も伴います。 エステックの提供する手法では、自由支持された対象物の加振実験から得られた複数の周波数応答関数から基準点の6自由度剛体運動を推定し、その剛体運動特性の質量ラインや剛体共振から最小二乗法により慣性特性を同定します。 なお剛体運動推定はESTECH.Rmotion、慣性特性同定はESTECH.[I]propertyというオリジナルソフトウェアとしてツール化、販売しております。

    株式会社エステック
    • 振動・音響・加振実験
    • 加速度計測
    • 実験モード解析
    • 実稼働実験
    • 変位計測
    • ひずみ計測

    エステック技術開発センターと実験技術

    エステック技術開発センターでは、自動車をはじめ、様々な機械構造物の振動実験・音響実験を行っています。 高品質な実験結果を取得するためには多くのノウハウや経験が必要です。技術開発センターでは、振動実験・音響実験に適した環境と実験設備を有し、経験豊富な実験エキスパートがお客様の技術課題に則した実験のご提案からデータ計測、データ解析、結果分析を行い、お客様の課題解決をご支援します。 また同一拠点で活動するCAE解析のエキスパートと実験エキスパートのコラボレーションにより、異なる視点から課題解決へのアプローチが提案されるなど、シナジーが生まれます。

    株式会社エステック
    • ランダム加振実験
    • サイン加振実験
    • 複合加振実験
    • 実働PSD加振実験
    • 実働時系列波形
    • 静的負荷実験

    油圧加振システムを用いた実験

    エステック技術開発センターには米国Xcite社の油圧加振システム(1200 Laboratory Series)が2基導入されています。静荷重:8900N、動荷重:8900N、ストローク:±25mm、加振周波数:1~1000Hzの基本性能を有します。加振制御パターンとして、サイン加振(単一周波数、スイープ)、ランダム加振(PSD波形任意作成可能)、これらを組み合わせた複合加振(サインonサイン、サインonランダム)、車両実走行時のデータを基に台上で再現するといった波形再現加振(PSD波形、時系列波形)が可能です。 この油圧加振システムは加振ヘッド部が非常にコンパクト設計になっていることが特徴です。この加振ヘッドをオリジナル設計・作製する治具と組み合わせることにより、多様な実験が可能となります。

    株式会社エステック